Drupal 7のサポート期限が2023年11月1日まで延長されました

井上 賢太郎
アイキャッチ画像

2022年2月23日、drupal.orgよりDrupal 7のサポート期限延長に関する発表がありました。
本記事は、公式記事を元に日本語翻訳したものを掲載しています。
Security advisories:https://www.drupal.org/psa-2022-02-23

Drupal 7は初回のリリースから10年以上経った現在でも、ウェブ上で広く利用されています。
政府機関における市民活動の支援、教育機関において教職員や生徒に向けた膨大なコンテンツの管理、そして多くの企業や非営利団体のデジタルバックボーンとして利用されています。
Drupal 9はよくメンテナンスされ、安全かつ安定しており機能も豊富ではありますが、未だ多くの組織でDrupal 7が利用されています。

旧バージョンのDrupalを保守し続けている方、そのサービスを受けているエンドユーザーはDrupalコミュニティの重要なメンバーです。

本来なら新バージョンへのアップグレードを検討いただきたいのですが、私たち(Drupalコミュニティ)は今まで発表されていたサポート期限までにアップデートすることが難しいユーザーを脆弱な状態のまま見過ごすこともできません。

そのため、Drupal 7のサポート期限は毎年見直すことにしました
本日よりサポート期限を1年延長し、2023年11月1日をサポート終了日とします。

DrupalプロジェクトのリーダーであるDries Buytaert、Drupal Association、およびDrupal Security Working Groupは、前回のサポート期限延長以降、Drupal 7のエコシステムを注意し監視してきました。
Drupalで構築されたウェブサイトの大多数が現在でもDrupal 7を使用しているため、追加のサポートを提供する明確な必要性があると考えました。

結局のところ、私たちはできるだけ多くのサイトを安全に保つことが道義的に必要なのです。

2023年7月までに、Drupal 7のサポートをさらに1年延長するかどうかを発表する予定です。
その際、コミュニティのサポート、Drupal 7の利用状況、アクティブなDrupal 7のメンテナーなどの要素を考慮する予定です。
現在のサポートは、多くのDrupal 7のメンテナーやDrupal 7のサポートにお金を払っている企業さまのおかげで成り立っています。

Drupalセキュリティチームへの寄付:https://donorbox.org/drupal-security

今回の発表は以下のメンバーにより提供されました。

  • Michael Hess
  • Tim Lehnen
  • Greg Knaddison
  • Dries Buytaert
  • xjm
  • Gábor Hojtsy
  • Madison Atkins

井上 賢太郎/ サイトビルダー

Drupalのサイトビルディングや、要件決めを担当しています。
地元の新潟や時々海外からリモート勤務をしています。
得意なことは20年続けている空手、好きなDrupalモジュールはVBOとFlagです。

井上 賢太郎 の書いた記事一覧

最新の関連記事

Contact お問い合わせ

Drupalでの開発・運用、サーバー構築、Webサイト構築全般、制作費用などに関してお気軽にご相談ください。